« 玄箱HGのDebianが起動しなくなった | メイン | (FreeBSD) Emacs+anthy.elのかなキー入力の設定 »

 FreeBSD 7.xにext3のイメージファイルをmountする方法

Linuxでdd if=/dev/hda1 of=/tmp/ext3image.imgなどとやって作成したext3のディスクイメージをFreeBSD 7.3にマウントするのに手間取ったので、成功した手順を記録する。

(1) カーネルにext2fsモジュールをロードしておく
 例)kldload ext2fs
(2) fsckする必要がある場合は、e2fsprogsをインストールしておく
(3) mdconfig -f (イメージファイル名)
以下、(3)によりmd0と表示された(unit 0に割り当てられた)ものとする。
(4) fsckする場合は、e2fsck /dev/md0
(5) mount -t ext2fs /dev/md0 /mnt

アンマウント手順
(6) umount /mnt
(7) mdconfig -d -u 0

筆者の記憶では、こういう時はvnconfigだったのだが、いつからvnconfigが無くなったのだろう。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://ynomura.dip.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/156

コメント投稿フォーム

※投稿されたコメントはオーナーが承認するまで表示されません。


Powered by Movable Type 3.35