« Maximaでの固有ベクトル計算について | メイン | 統計学復習メモ9: 主成分分析の計算方法 »

 EclipseにTomcatプラグイン導入

仕事で科学技術に恩返しできないならインターネットで、と思ってサンプルプログラムをここに書いてきたが、1年前に公開した「3択首都当てクイズ」のソースコードは掲載しなかった。なぜかというと、大体動くようになったが最後、そのコードを触るのが嫌になったからである。なぜ嫌になったかというと、Javaのサーブレットの開発が大変面倒だったからだ。

この24時間運転のwebサーバーは玄箱HGという小型の機械で動いている。いわゆるパソコンではなく、消費電力は低いが計算能力も低い。サーブレットのプログラムを書き換えると、それをこの機械で動かすためにTomcatを再起動するのに2分以上かかる。加えて、思い通りに動かないと、解析するにはTomcatのログを見るしか無い。ちょっといじって動かなくなると、調べるのも嫌になるのである。

そんな苦い思い出を、パソコンにインストールしたEclipseのTomcatブラグインが吹き飛ばした。どうせServlet APIの補完が効くのがいいくらいでしょ、と期待せずに一応インストールしてみたのだが、とんでもなく便利である。何が便利かというと、servletをデバッグモードで動かせることと、servletのソースコードを書き換えると勝手にコンパイルされてTomcatに組み込まれて動作開始することである。

Javaのサーブレットのソースコード上でブレークポイントを設定してTomcatを起動しておくと、クライアントがEclipseのデバッグモードで起動したJavaアプレットであろうが普通のwebブラウザであろうが、クライアントからの要求が来ると、サーブレットの動作がブレークポイントで一時停止する。デバッグモードのTomcatはバックグラウンドで動くので、Tomcatを起動した後も何の支障もなくEclipse上で他の作業ができる。クライアントのJavaアプレットにもブレークポイントを設定しておくと、サーブレットとアプレットとを交互に一時停止させることもできる。両方の動作を時間順に追跡できるので、大変わかりやすい。

さらに、一時停止したサーブレットのコードを、その場で書き換えて、そのメソッドの先頭からやり直させることができる。既に到着したクライアントの要求はそのままに、書き忘れた処理を追加して続行させたり、試しに処理をコメントアウトして続行させたりできるのである。ある1つの要求に対して、処理を書き換えながら色々な処理を試せるのが便利だ。
サーブレットのコードを変えたつもりなのに動作が思い通りにならない時、きちんとコンパイルし直したか、正しくTomcatに組み込んで再起動したかをいちいち気にする必要も無くなった。ブレークしてその場でコードを追加してそこを通る様子を見ればいいのである。


という訳で、EclipseのTomcatプラグインを使って見るとボロボロだった3択首都当てクイズのコードを、デバッグして整形したので、その準備過程の一部を書き残す。

●Tomcatプラグインのインストール
インストール方法は色々な所に書かれているので、省略する。注意点として、一次配布元のSysdeoのサイトは長期間アクセス不能になっているので、Eclipse Wikiのベージからダウンロードするのが良い。
今回はV3.2.1をEclipse V3.4にインストールした。

●プラグインの設定方法
EclipseのPreferencesの画面で、Tomcatの設定を埋める。
といっても、今回明示的に設定したのは、以下の項目だけ。
・Tomcatバージョン
・Tomcatホーム
・JVM設定のJREのバージョン
・Tomcatアプリケーションマネージャーのユーザー名とパスワード

●Tomcatプロジェクトの作成
取っ掛かりの部分はeclipse@Wkiのページに書いてある。
JavaのソースはWEB-INF/srcに、web.xmlはWEB-INFに、JSPのソースはプロジェクトの直下に配置する。

●web.xmlの作成
Tomcatのサンプルをコピーしてテキストエディターで書き換えても良いが、今回は、Eclipseで.xmlを開くと自動的に起動する、Eclipse組み込みのXMLエディターを試してみた。

1. EclipseでXMLファイルを新規作成(wizardはXML/XMLを使用)
2. 最初から入ってる1行("?=? xml")を消して空にする
 (これが残っているとサーブレットが起動できなかった)
3. 右クリックでAdd child→New elementを選択して"web-app"エレメント追加
4. 右クリックでEdit namespacesを選択
 Edit Schema Informationの画面でAdd→Specify New Namesp...を選択
 Prefix: (空)
 Namespace Name: http://java.sun.com/xml/ns/j2ee
 Location Hint: http://java.sun.com/xml/ns/j2ee/web-app_2_4.xsd
 を指定して追加
 これで定型部分が埋まってweb.xml用の補完が効くようになる
5. web-appを右クリック→Add attribute→versionで"version"属性追加
6. web-appを右クリック→Add Child→(略)→servletで"servlet"エレメント追加
 "servlet"エレメント以下に追加された項目を埋める
7. web-appを右クリック→Add Child→(略)→servlet-mappingで"servlet-mapping"エレメント追加
 "servlet-mapping"エレメント以下に追加された項目を埋める

●WARファイルのエクスポート
1. 作成したTomcatプロジェクトのフォルダアイコンを右クリック→Preferences選択
 →"Tomcat"の「WARエクスポート設定」タブにて.warのファイル名を設定
2. Tomcatプロジェクトのフォルダアイコンを右クリック→「Tomcatプロジェクト」→
 「プロジェクト設定に従いWARファイルを作成」を選択
3. できた.warをサーバーのTomcatのwebapps/の直下にコピー

●結果
・サーバー(Tomcat)側コード
TrichoiceServlet.java --- サーブレット本体
web.xml
QuizReader.java --- JSP用
listquiz.jsp
※ソースコード中のURL等は当方の開発用PCでのものです。

・クライアント側コード
Start.java --- メイン
MainPanel.java --- 3択画面
ServletAgent.java --- HTTP通信部分

・このサイトの起動ページ
3択アプレット
listquiz.jsp

・過去の関連エントリー
[1] [2] [3] [4]

●EclipseHTMLEditor pluginインストール
今回、テスト用のコードをJSP(Java Servlet Pages)のコードに変更したので、JSPを楽に書くためにEclipseHTMLEditor pluginをインストールした。
ほんの少し触ってみただけだが、これも鳥肌が立つくらいよくできている。


1年前に作ったコードは、セッション管理のためのサーブレットのURL rewritingのためのコードに致命的な誤りがあり、クライアントのCookieが無効な場合は絶対2問目に進めないことがわかった。今回は気付いてからJava APIの再調査も含めて3時間くらいで直せたが、EclipseのTomcatプラグインが無ければ、これを直すのだけで丸2日は潰したと思う。1年前に気付かなくて良かった。
しかし、WebブラウザのJavaが有効でCookieが無効な状態ってどれくらい使われてるのだろう。


ところで、折角Java servletを作り易い環境ができたのだが、適当なネタが無い。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://ynomura.dip.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/117

コメント投稿フォーム

※投稿されたコメントはオーナーが承認するまで表示されません。


Powered by Movable Type 3.35