« MozillaへのJava plugin設定 | メイン | 発想法というもの »

 平和な民を襲った悲劇

米国テキサス州で、高速道路の事故で、尊いペンギンの命が4つ奪われたらしい。
何たる悲劇であろうか。

しかし、残りの21匹は、集まって溝でじっとしていたそうであるから、さすがである。おそらく、最も危険から遠ざかって、危険が去るまで小さくなって待とうとしたのであろう。他の歩行可能な動物なら、そのまま徘徊を始め、次々に車に轢かれたに違いない。平和を好むペンギンの勝利である。

車にはねられた3匹のペンギンは、21匹に危険を知らせることができたのだろうか。彼らの死がペンギン死に、いや犬死にでなかったら、せめてもの救いである。

ロイターの記事
日本語訳(Exciteニュース)

4 penguins are allegedly killed on a highway in the Texas state.
What a tragedy it is.

However, it is told that, as is to be expected, the rest 21 penguins are stayed together at the edge. They would have thought that being away from danger together and being small is the safest way to wait until the danger passes away. If they walked around, like other animals which can walk, they would be hit by high-speed cars one by one. It was a triumph brought by penguin's uniqueness.

I wish the 3 penguins hit by car woudn't have died in vain, they would have saved the 21 penguins by noticing the danger.

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://ynomura.dip.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/47

コメント投稿フォーム

※投稿されたコメントはオーナーが承認するまで表示されません。


Powered by Movable Type 3.35