« Lunascape3.0Liteは快適 | メイン | NAT越えの方法 »

 BフレッツでWebサーバー公開

このWebサーバーは先月引越しをした。引越し前はADSLでこのサーバーを公開していたが、引越し後はBフレッツ(マンションタイプ)しか選択肢が無かったため、常時接続とサーバー公開の設定をやり直すことになった。
ついでに、IP電話を使うことにしたために、予想外に面倒なことになった。

予約で3週間待たされた、10分で終わるNTTの工事で、VDSL装置が設置された。その何日か前に、NTTからIP電話用の「VoIPアダプタ」が届いていた。

まず、VDSL装置の説明書に従って、PCを直接繋いでみた。
svr_expose1.PNG
簡単に繋がり、PCからインターネットにアクセスできた。ピンク色の部分がPPPoEでグローバルIPアドレスが割り当たっている部分だ。

次に、VoIPアダプタの接続の手引きに従って、接続してみた。
svr_expose2.PNG
説明書に従うとこうなるのだが、これだとPCが繋げない。手引きをくまなく読んでも、VoIPアダプタとPCとの両方を接続する方法がわからない。

分厚いマニュアルを読み始めて、VoIPアダプタに「ルータモード」なるモードがあることがわかった。VoIPアダプタの設定を「ルータモード」に変えて、次のように接続した。
svr_expose3.PNG
VoIPアダプタから線が3本出ているが、実際にはハブを介している。青色の部分がNATのプライベートアドレスが割り当たっている部分だ。

この構成で、その後も設定には苦労したが、PCもインターネットに繋がり、IP電話も使えるようになった。
あとはWebサーバー公開だ、と思ったら、大きくつまずいた。例によってNAT超えの問題だ。おさらいになるが、NATの先のプライベートIPアドレスが割り当たっている(以下、LAN内の、と表記する)PCからは設定無しでインターネットへ接続できる(接続先がグローバルIPアドレスのため)が、インターネットからLAN内のサーバーへは設定無しでは接続できない(接続先がプライベートIPアドレスのため)のである。
svr_expose4.PNG
これを解決するには、NATを行うルーターにて、グローバルIPアドレス(+ポート番号)からプライベートIPアドレス(+ポート番号)への変換を行うよう設定する必要がある。
ADSLルーターの時は、それを実現する静的NAPT変換の設定が簡単にできたが、今回のVoIPアダプタは、いくら探しても設定方法がわからない。
仕方なくNTTに電話すると、なかなか話が通じず、「LAN内のサーバーをインターネットに公開したい」と言ってるのに、「ポート開放」とか「アドレス・ポート変換」とかいう言葉で説明してると、「ああ、ネットワークゲームをなさりたいんですね?」と理解不能な反応をされて(後でネットワークゲームのためにNAT越えが必要なケースが増えていることを知った)、2回たらい回しされ、技術的な質問を受ける所に電話したら、40分待たされた挙句、「ポート開放したい」と言ったら即「そのVoIPアダプタにそんな高度な機能はありません。ルーターを使って頂くしかないですね」と一蹴された。「え、ポート開放できるVoIPアダプタとか無いんですか?」と聞くと、「そういうのもありますが…レンタル設備の変更が必要ですし、用意するのに1週間くらい必要になりますし…」と妙に歯切れの悪い回答をされた。しかし、何の説明も無く送り付けられて来たVoIPアダプタが不適切なものだったということが理解できたので、交換してくれ、と強くお願いしたら、「ちょっと調べて担当の者から折り返し電話します」と言われて切られた。その後、1時間しても電話が無いので電話したら、別の人が出て、「明日の午前中に回答します」と言われた。(実際は、翌日の午後に連絡が来た)

なんか期待できそうになかったので、Buffalo製の安くて売れてるルーター(静的NAPT変換設定可能)を購入した。
svr_expose5.PNG
ルーターのPPPoEの設定も静的NAPT設定も極めて簡単で、これによりWebサーバーの公開も成功した。
svr_expose6.PNG
しかし、この構成だと、Bフレッツの接続口の近くにVDSL装置、ルーター、VoIPアダプタ、電話機の4台が並ぶ上、それぞれがごついACアダプタを備えているため、4つのACアダプタが刺さるようテーブルタップを用意する必要があり、電気の配線がすごいことになった。ADSLルーターの時はまだACアダプタ2つで済んでたのに、邪魔で仕方がなかった。
昨日、強くお願いしたVoIPルーターが届いたので、ルーターとVoIPアダプタをそれに置き換えた。
svr_expose7.PNG
まだ謎の機器2つ(VDSLアダプタ、VoIPルーター)とACアダプタが3つもゴロゴロしており、とても鬱陶しいが、とりあえず宅内LAN環境が落ち着いた。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://ynomura.dip.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/42

コメント (2)

nahonaho:

はじめまして
今自分の環境と似ているためブログ除かせてもらいました。まさしく私もWEB公開で悩まされております。
自分の環境は”外”→VDSL→ONU→サーバ
なのですが、やはりルータがないと80ポート開放できないんでしょうかね・・・・。
何か解決策なぞご存知でしたらご教示お願いします。

ynomura:

こんにちは。
その環境だと、ルータの有無は関係ないと思います。

まずサーバにグローバルIPアドレスが与えられているかどうかを調べられてはいかがでしょうか。
もしローカルIPアドレスしか与えられていないなら、ルータがあろうが無かろうが無理だと思います。

もしグローバルIPアドレスが与えられているのにポート80が開放されてないようなら、まずはサーバマシンでファイアウォールやパケットフィルタやウィルス対策ソフトが動いていないかを確認したり、本当にサーバマシンまで届いているかどうかをtracerouteで調べたりすると良いと思います。

コメント投稿フォーム

※投稿されたコメントはオーナーが承認するまで表示されません。


Powered by Movable Type 3.35