« 脳化社会への警告 | メイン | マネーゲーム »

 No Cross No Crown

ある雑誌を読んでいて、墓碑に"No Cross No Crown"と書いてあった、というのを読んだ。("Cross"と"Crown"は絵で描かれている)
どういう意味だと思うか?「十字架も王冠も要らない」だと思わないだろうか。
アメリカ人でさえ、「キリスト教も王政もまっぴらだ」と解釈したらしい。

ネタはウィリアム・ペンという人が書いた"No Cross, No Crown"という本だったらしい。
本当の意味は上記の逆で、「十字架を避けては王冠は得られない」だそうだ。
とてもややこしい。
同様の用法による言葉は色々存在するらしい。
"No Pain, No Gain."(「虎穴に入らずんば虎児を得ず」)
"No guts, No glory."(東京シティ競馬)
"No music, No life."(タワーレコード渋谷)

さらに探し回ってみた。
"No challenge, No success."(安芸市役所)
"No justice, No peace."(ある日本語のWebページ)
"No pain, no palm; no thorns, no throne; no gall, no glory; no cross, no crown. "(William Penn)
"No sacrifice no victory"(あるWebページ)
"No love no God"(あるWebページ)
"No suffering, no inheritance."(あるWebページ)

色々調べてみた結果、なんとなく"No pain, no gain."以外は一般的でない造語だと思うが、どうか。

タイトルと全く関係ないが、他に、同じ雑誌にあった面白かったものについて書いておく。

-------------------------------------------
Q: What's the difference between worry and panic?
A: About twenty-eight days.
-------------------------------------------
アメリカンジョークだそうだ。敢えて説明が書かれておらず、そのページの筆者は7分23秒考えてやっとわかったと書いているが、すぐわかるよねぇ?私の思い違いだろうか?

-------------------------------------------
"How often shall we make love?"(雑誌では日本語)
"Infrequently."
"Is that one word or two?"
-------------------------------------------
声でやり取りした場合、"Infrequently"と"In frequently"の全く逆の解釈があるということらしい。

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://ynomura.dip.jp/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/32

コメント投稿フォーム

※投稿されたコメントはオーナーが承認するまで表示されません。


Powered by Movable Type 3.35